FC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top↑

GoogleMapsを表示さっせる基本プログラム
前回の表示させてみよう!で、大阪城周辺のマップが表示されました。

今回は前回使われたコードを分析し、より難易度の高いGoogleMaps(グーグルマップ)を構築できるように、GoogleMapsAPIの基礎知識を身につけましょう!

googlemap.gif

①プログラム
この中にプログラムを入力していきます。
プログラムと聞くとなんだか難しく感じてしまいますが、定型化されたプログラムをコピペ(コピー&ペースト)するだけで、基本的なことはできてしまいます。


②マップ表示座標
sarumapzahyou.gif
ここに入力した座標が、マップの中心座標となり表示されます。
前回の34.685567, 135.527467は、大阪城の座標
ちなみに、35.658632, 139.745411の座標を使用すると、東京タワーが中心のマップが表示されます。
ここで、その座標はどうやって取得するの?と思った方はなかなか鋭いです。
座標はGeocodingで取得することができます。


③マップ倍率
sarumapbairitu.gif
この数値を変更することで、マップの縮尺/倍率を変更することができます。数値は0~19までの範囲で設定することができ、値が小さくなるほどズームアウトされて表示されます。

page top↑

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。